<
私たちは、自然に優しい生活を応援します。

組織・運営についてOrganization・Administration

実生(みしょう)プロジェクトの規約

(名 称) 

第1条 本会は、「三春“実生”プロジェクト」と称する。 

(目 的)
第2条 東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により、周辺住民の多くが放射能汚染の健康被害に怯え、特に乳幼児の健康への影響、食の安全
などが懸念されている。一方、物理的な汚染にとどまらず、放射線に関する不十分な情報公開等に起因する心の汚染へと拡大し、風評被害や差別をも引き起こしている。このような状況を解消するため、このプロジェクトは、千年後にも生き続ける桜を育てようと、「苗木」だけではなく、「実生」から育てることも基本としている三春町が「土壌(コミュニティ)」を提供し、そこに町民、県民、国民、世界市民のボランティアが種を蒔いて、汚染状態を把握するとともに、原発事故に対する草の根レベルの活動を展開することにより、収集した情報や分析結果を全世界に発信することとする。
(事 業)
第3条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 研究・学習会、情報発信・提供に関する事業
(2) 放射能汚染モニタリングシステムに関する事業
(3) 空間線量測定に関する事業
(4) 土壌、食品等の放射能汚染測定に関する事業
(5) その他、本会の目的達成のために必要と認められる事業
(組 織)
第4条 本会の目的及び事業の趣旨に賛同した個人、団体及び企業等をもって
組織する。
(役 員)
第5条 本会に、次の役員を置く。
(1) 代表 1名
(2) 副代表 2名以内
(3) 委員 若干名
(4) 監事 2名
2 代表、副代表、委員及び監事は、総会において選出する。
3 役員の任期は2年とする。
4 代表は、本会を代表し、統括する。
5 副代表は、代表を補佐し、代表に事故あるときは、その職務を代理する。
6 監事は、本会の会計及び業務執行状況等を監査し、その結果を総会に報告
する。
(顧 問)
第6条 本会に、顧問を置くことができる。
2 顧問は、代表が委嘱する。
(会 議)
第7条 本会の会議は、総会及び役員会とする。
2 会議は、代表が招集し、その議長となる。
3 総会は、年1回開催し、事業計画、予算の策定、規約の改正、その他の主
要事項及び本会の運営につき必要な事項を審議する。
4 役員会は、必要に応じ開催し、事業を推進する。
(議 決)
第8条 総会及び役員会は、出席者の過半数の賛同を得て議決する。
(事務局)
第9条 本会の事務を処理するため、代表の指定する場所に事務局を置く。
(会計及び会計年度)
第10条 本会の運営に要する経費は、補助金、寄付金、事業収入及びその他
をもって充てる。
2 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(補 則)
第11条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し、必要な事項は代
表が定める。
附 則
この規約は、平成23年6月20日から施行する。

実施事業

1 三春町小中学生(希望者)へのOSL線量計の購入配布
2 OSL線量計 読み取り機の購入
3 町民(高校生以上)を対象にポケット線量計の斡旋
[連携事業]
・食品放射能計測調査 ・土壌放射能汚染調査 ・空間放射能調査
・放射能データ分析管理 ・学習会等の開催